Blog&column
ブログ・コラム

キッチンクリーニングのやり方は?

query_builder 2021/08/15
コラム
cooking-hands-handwashing-health
今回は自分でできるキッチンクリーニングの方法を見ていきます。

キッチンの汚れは2種類
キッチンの汚れには、水回りの汚れと火の回りの汚れの2種類があります。
水回りのの汚れは水垢やドロドロ汚れが多いですね。
火の回りの汚れは油汚れや焦げ付きが代表的です。

キッチンクリーニングの方法
それでは具体的なキッチンクリーニングの方法を見ていきます。

■こびりついた汚れ
こびりついた汚れは、洗剤などを使う前にたわしやヘラなどでゴシゴシこすって落とします。

■酸性とアルカリ性を見分ける
油汚れは酸性、水垢はアルカリ性です。
酸性とアルカリ性の汚れごとに使う洗剤を変えることで、効果的に汚れを落とせます。
酸性の洗剤としてはクエン酸、アルカリ性の洗剤としては重曹が使えます。

キッチンクリーニングの相場は?
「自分でクリーニングするのは大変だし、細かいところまではさすがに無理!」というかたはクリーニング業者にキッチンクリーニングを依頼しましょう。
キッチンクリーニングではシンクや排水溝、コンロ周り、調理台の周辺をまとめてキレイにしてくれる場合が多いですよ。
キッチンクリーニングの相場は大体2万円弱。
頑固な汚れには業務用洗剤でつけ置き洗いしてくれたりと、家庭ではなかなかできないことまでやってくれます。

▼まとめ
キッチンクリーニングは事前に見積りをとってもらうと安心です。
業者選びで失敗したくない場合は、安定感のある大手のクリーニング業者に頼むのがおすすめですよ。
株式会社クリンレイではキッチンクリーニングを承っております。
頑固な汚れもプロの技でキレイにいたしますので、ぜひお気軽にご相談ください。

NEW

  • 広島でハウスクリーニングを行っております

    query_builder 2021/02/11
  • 洋装の喪服に付いたカビの落とし方

    query_builder 2021/10/15
  • 浴室クリーニングをプロに頼むと、どのくらいの時間がかかる?

    query_builder 2021/10/01
  • 畳の正しい掃除方法は?

    query_builder 2021/09/01

CATEGORY

ARCHIVE